劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』を観に行きましたので、そのレビューになります。

結末やストーリーのネタバレは極力避けますがあらかじめ断っておくと、リメイクというよりリブートに近い作品です。「ホウオウに出会う約束の後が完全オリジナルストーリーで描かれる」と謳われましたが、展開的に無印には全く繋がらない上に話の展開もほとんど違う、完全に別物のパラレルワールドです。

無印と同じなのは最初の10分だけ…と言われますけど、話の大筋だけが一緒でダイジェストに近く、かなり違います。シゲルの登場は1カットの後ろ姿のみで、カスミは釣りどころか存在すら語られない。1話のリメイクや後日談目的なら間違いなくガッカリするでしょう。

言うなれば、

映画はサトシがタケシやカスミに出会わなかった、もしくは仲間にならなかった世界



とでも言いましょうか。まあ確かに、ベストウイッシュの回想シーンで語られたような、タケシやカスミを仲間にして現代の映像技術で作り直した、文字通りのリメイク作品は観たかったですケドネ。

一応映画でもタケシやカスミの他、ケンジも登場自体はしてはいますが…エンディングの数秒の1カットだけで声もなく、ファンサービス的な扱いですので、期待しないほうが吉。

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。



ローグワン スターウォーズストーリー』を数週間前に友人達と観に行ってたけど、都合でレビューをつい書き忘れ。しかし面白い映画で書かずじまいなのはもったいないので、一応書いておきます。

ストーリーとか作品解説は、まあ他のサイト様でレビューと共にたくさん書かれていますから、要所要所だけの簡単な感想書きです。

ちなみに今作でもキーワードとなったデススターですが、もし地球換算で資材を集めると…という面白い内容が、写真の新聞記事や以下のネット記事に取り上げられていたので、リンクを貼っておきます。

そういえば、ホワイトハウスに市民がデススターを作って欲しいという嘆願(たんがん)書が提出された事もありましたよね。この記事を見て思い出しました。



以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。

加筆修正を行いました

最終更新日は2016/11/12です。修正前と内容が異なる場合があります。





この間友人達と『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』を観に行きました。来年でアニメポケモンは20周年だとか…時間の流れってホントコワい!

それとアニポケ本編のカロスリーグにて、サトシ大快進撃だったのに準優勝で終わってしまうとは…まあこれまでの戦績の中途半端さと比べたら、少しばかり感慨深いものがあったり。こりゃアローラ地方もサトシが旅しそうな予感。

映画も20周年記念で何かやるみたいですしね。これまでの予告のように、キーのポケモンや御三家が出てくるような内容ではなかったのが意味深であります。

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。

プロフィール画像

赤竹 忠吉

(Tadakichi Akatake)

…ありゃりゃ? Pixivのプロフィール画像が昨今のSNSのように丸くなってるんですが…自分のようにネタ系文字付きプロフィール画像にしている人からすれば、円形にされたことで文字が切れて見えなくなりますねぇ…


というか、この何気に重要な仕様変更に通知がなく、公式ブログにも一切記載がないのはいかがかものかと。仮にツイッターで言ったとしても該当TL探すの大変ですし、フォローしないと気づかないですしね。

Profile:

イラストやマンガにデザイン、UI・UX、HTML・CSSまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き


myutau107 ○ gmail.com

○を@に変えてお送りください